大町町

特集・大町町


佐賀県のほぼ中央に位置し、穀倉地帯白石平野の一角をなす大町町。総面積わずか11.50平方キロメートル、人口は約6,200人と県で一番小さな町ではあるが、山(聖岳)・平野(白石平野)・海(有明海)の大自然に囲まれ、米・麦・きゅうりなど作物を育てる環境が整っている。かつては炭鉱の町として栄え、最盛期には人口24,000人にのぼり、地元の小学校は“日本一のマンモス校”と呼ばれていた。炭鉱は昭和44年に閉山したが、当時の面影が残る特産品として「たろめん」や「炭鉱焼豚」が人気だ。現在の主な産業は農業のほか、工業誘致も盛んに行われている。

小さな町の魅力を込めて…
町の名産品や佐賀の工芸品が多数

ふるさと納税特集
大町町オススメ返礼品
 
#ふるさと返礼品@大町
 
ふるさとを応援しつつ良い品が手に入り、しかも節税にもなるというこの制度。利用しない手はないですよね! どの町も、とても魅力的な商品ばかりで迷ってしまいがちですが、どうせなら佐賀の素晴らしい品々を味わって下さいませ。手続きはとっても簡単。お申し込み方法もばっちりご紹介しますから、ぜひご利用ください♪
 

ワイン選びはプロにお任せ!
県内唯一のシニアソムリエが精選

諸石酒店
 
#カルチャー@大町
 
お祝い事や大切な記念日には、ちょっぴり良いお酒を買う人も多いはず。そんな時には「諸石酒店」がおすすめ! こちらにはなんと、県内唯一のシニアソムリエがいらっしゃるんです! きっとアナタの予算や好みにピッタリな美味しいワインを選んでくれるはず。もちろん、普段の料理に合わせたワインやワイン以外のお酒だってOKなので、気軽に相談してみよう♪
※読プレあり
 

おっと驚く深いコクと味わい
大町のB級グルメはヘルシーなたろめん?

福母食堂
(おおまち情報プラザ)
 
#グルメ@大町
 
県内でチャンポンのお店はキラ星の如くあるが、この料理はちょっと違う。確かに見た目はチャンポンそのものだ。しかし、一口すすってみるとなんともパンチの効いた味わい。ショウガの風味が心地好く、すっきりスープがいくらでも入っちゃう。昭和30年代の炭鉱夫の元気の源が現代に甦った、素晴らしい逸品であった! たろめん、食すべし!

 

ふるさとの味、心の創作懐石
国道34号線沿いに目立つオシャレなお店

創作膳 ふかがわ
 
#グルメ@大町
 
品数多し!個室でゆったりとできるから小さなお子様と一緒に楽しめる。スタイリッシュな和食店で、いつもとは違う雰囲気でランチを味わいたいと思う貴女におススメ。一流ホテルなどで修業を積んだオーナーが創業し、二代目がその味を引き継ぎ展開している地元に愛される老舗店。地元野菜を使った料理は楽しくて美味しい。
※読プレあり