驚きと感動のスウィーツ情報
確かな腕を持つパティシエの
感動秘話と共に味わって欲しい
季節感溢れる上質さ、でもコスパ良しで嬉しい。

和菓子の心を持つケーキたち
シェフのこだわりは生クリームに

展覧会の絵
 
#スウィーツ@佐賀
 
食べた第一印象。ケーキの命とも言うべき生クリームがすんごく美味しい!なるほどね、このお店が地域の皆さんから愛され続けてきた理由がここにアリって感じです。季節の果物を使ったプチガトーってケーキ屋さんの基本なんだろうけど、じゃぁ、あんこや白玉との融合は?なかなか無いよね?!でもこれがまたサッパリと美味しくいただけちゃうのだ。詳しくは本編をぜひ読んでね。
※読プレあり
 

ついに取材に成功しました!
3度目の正直、オーナーは優しかった

Couleire de 銀月
 
#スウィーツ@みやき
 
こわ~いオーナーさんかなぁって思ってたけど、爽やかで優しいオーナーシェフさんでした!・・・って変な報告から入りましたが、ケーキ、最高です!ロールケーキの中に、なんとプリンが入っているんです!今回は、これを読プレにしてくれたんです!凄くないですか?ぜひ記事を最後までお読みいただき、ドシドシご応募お願いします~♪♪
※読プレあり
 

今日はピーチな気分なの?
だったら迷わずお越しになってね♡

sweets HEART
 
#スウィーツ@佐賀
 
ソフトクリームもフルーツも、デザートで決めるなら即行きのお店。しかも、8月は桃フェアーと言うことで素敵なスウィーツ達があなたを待っていますよ。はたまた、イケメンオーナーのこだわりのブリトーは、皮の食感と具材のハーモニーが最高!ランチでもバッチリです。デートで行くなら二人の心もあま~くなっちゃうよっ!
※読プレあり
 

一見同じでもちょっと違う!
都会的発想の洗練されたケーキ店

杏慕樹(アンボジュール)
 
#スウィーツ@有田
 
東京・自由が丘で修業を積んだシェフパティシエが作るこちらのお菓子は、見た目はどこでも見るような感じだが、ネーミングからして一味どこか違う。例えば、ヨーグルトマンゴーって聞くと普通に聞きなじみがあるが、ここのを食べてみると、その洗練された味にうっとりと酔いしれる。また、プリンも絶品だった。舌触りが違う。他のも詳しくご紹介したい。
 

豪華なデザートクレープを
気分で楽しもう豊富なメニュー

melty屋 (メルティヤ)
 
#スウィーツ@佐賀
 
シンプルだけどパリジェンヌが楽しむような小洒落たお店。あなたのその日の気分に合わせて、数ある豊富なメニューからお好きな組み合わせでクレープを頂くランチタイムはいかがですか?軽い食べ応えでお野菜も豊富だから、あれこれ食べたくなっちゃう感じ。デザートメニューもフルーツたっぷり!ティーセットがお得でおススメですよ♪
※読プレあり
 

愛され続け130年のもなか
伝統を守り新時代に挑戦するお店

水田屋
 
#スウィーツ@鳥栖
 
日本人のDNAに刻み込まれている「あんこ」への安心感。それは懐かしいおばあちゃんの微笑みのよう。佐賀のお美味しいお茶と共に頂けば、なんとも贅沢なひと時が訪れます。この慌ただしい現代社会になお、地元に皆さんに愛され求められ続ける水田屋さんの「すずめ最中」は、若者にも人気の一品なのです。
※読プレあり 
 

半端ないよ!シューのクリーム
可愛いプチガトー達にメロメロ~!

ボンプレサージュ
 
#スウィーツ@神埼
 
神埼駅を出てまっすぐ進むと右側に、赤いひさしのケーキ店がある。店に入ると可愛い笑顔が元気に声をかけてくれた。ショーケースには色とりどりのプチガトーやホールが並ぶ。そのケースの右のほうに、なにやら「サービス品です♪」の文字。大久保ロールとシュークリームだ。そのお値段とボリューム、何よりもお味に納得した。
 

呉服店に作られた和洋カフェ
嬉野茶からの胸弾む絶品スウィーツ

うれし庵

 
#スウィーツ#カフェ@嬉野
 
木のドアを開くと、輝く翡翠色の嬉野茶でできた美味しそうなスウィーツが並んだショーケース。そして、小さな氷の粒がキラキラと輝く抹茶のグラニテ。一見普通のカフェかと思いきや、奥には和布であしらえた巾着風小物入れや雪駄など、和雑貨がズラリ。ここは、和と洋を織り交ぜたオシャレな空間だった。まさに呉服店カフェといった感じ。
※読プレ有り
 

生まれ変わった老舗洋菓子店
地元で親しまれてきたケーキも復活

HIDESHIMA
 
#スウィーツ@佐賀
 
1948年の創業以来、佐賀で最初のケーキ店として愛され続け、2011年に惜しまれつつも閉店を迎えた「洋菓子のヒデシマ」。その2代目店主の娘さんご夫婦が店を受け継ぎ、2016年にオープンさせたのがこちら「HIDESHIMA」なんです! 店にはご主人が開発した新作スイーツが並ぶほか、「ヒデシマ」時代にロングセラーだったケーキも少しづつ復活。カフェスペースもあるので、「ヒデシマ」のケーキを食べたことある人もない人も、おしゃべりついでにちょっと寄ってみない?
 

大人気!Kentaroール
プリンとシューも大好評!

お菓子の家・Kentaro
 
#スウィーツ@江北
 
江北町の国道34号線の側道沿いにあるこちらのお店。バナナを使ったロールケーキ「通称 Kentaroール」は、ほのかに薫るバナナの香りが特徴で、しかも甘すぎないところが男性にも好評です。イートインスペースでは、購入したケーキを店内で食べる場合はドリンクサービスが無料。昼下がりのママ会にも、とっても嬉しいお店です♪
 

町の人気店が移転オープン
バレンタインには生チョコを♥

ひのでや
 
#SWEETS@鹿島
 
鹿島で4代続く老舗菓子店「ひのでや」が、昨年11月に移転オープン! 新店舗は店内も駐車場も広々としていて、ベビーカーや車いすでの入店もOK。カフェスペースも完備しており、開店時から多くの客で賑わいをみせている。そんな新店舗で新たに販売されたのが、とっても柔らか~い生チョコ。味はプレーンと紅茶の2種類。甘さ控えめなのでカレへのバレンタインギフトにもおすすめ♥
 

愛溢れる応援をどら焼きに
チャレンジする皆さんにエールを

お菓子のじろう
 
#スウィーツ@みやき
 
本来、子供たちに喜ばれたいという願いで作られた「黒糖どら焼き」は地元でも大変人気のあるヒット商品だが、社長は満足しなかった。世の中で頑張っているすべての人々を応援できるどら焼きを生み出したい!そんな思いで試行錯誤し完成したのが「最強脳みそどら焼き」である!ドラえもんも泣いて喜ぶかもしれない美味しさがあった!
※読プレあり
 

地域に愛されるお菓子作り
香り立つ絶品抹茶ロールはイチオシ!

シェ・ヤマモト
 
#スウィーツ@佐賀
 
和菓子職人の父とパティシエの息子が営む、地元で人気の和洋菓子店。店には抹茶の種類・クリームの配合や量などを何度も変えては試食を繰り返し出来上がった看板商品「抹茶ロール」をはじめ、東一大吟醸を使ったバターサンドや安納芋を使ったスイートポテトなど、素材と製法にこだわったスイーツがズラリと並んでいる。サンタが可愛いクリスマスケーキも要チェック!
※読プレあり
 

マイスターの作るケーキ
それぞれのテーマ曲に乗せて…

ブルーシャン
 
#スウィーツ@鳥栖
 
オーナーパティシエの青野さんは、厚生労働省「ものづくりマイスター」に佐賀県で初めて認定された功労者。店のショーケースには、材料にもこだわりを持って作られる、華やかなケーキが並ぶ。クリスマスには大人向けのケーキやアレルギー対応のケーキも販売されるので、今まで諦めていた人も今年はケーキでお祝いしよう♪
※読プレあり
 

2年掛かりでついに完成!
養鶏から始めたバウムクーヘン作り

シュシュ
 
#スウィーツ@佐賀
 
佐賀市内のスイーツ激戦区にある洋菓子店「シュシュ」。お洒落な雰囲気の店内には良質ながらもリーズナブルなケーキが並び、2階のカフェでは食事もできるとあって人気を呼んでいる。11月に新発売された「三瀬バウム」は、良質な卵を育てるために自社養鶏所作りからはじめ、2年掛けて完成されたこだわりの逸品。クリスマスにはこの「三瀬バウム」にデコレーションを加えた限定ケーキも販売するので、お見逃しなく!
※読プレあり

 

タルト!フレッシュ超人気
唐津をこよなく愛すパティシエから

お菓子の店 gala

(ガラ)

 
#SWEETS@唐津
 
唐津の商店街にほど近い一角に、なんだかパリの裏路地を思わせるような雰囲気のお店。ここのタルトは超人気で、オーナーパティシエは地元・唐津への愛が半端ない。かつて修行をしていたころ、「一番辛かったのは、唐津くんち祭りに参加できなかったことだ。」と語ったほどだ。他にもおススメスウィーツてんこ盛りだよ!
 

鳥栖米・塩ブッセ最高です!
エンジニアからパティシエになったオーナー

ポアソン洋菓子店
 
#SWEETS@鳥栖
 
ここはとにかく安い! そして美味しい! 相場と比べると平均して100円ほど割安な感じ。でもクオリティーは高い。ロールケーキなどは旬の果物がこれでもか!というくらいテンコ盛りだ。シュークリームは結構な大きさで、クリームが溢れんばかり。これには25年前、エンジニアから転職したオーナーパティシエの地元愛が込められていた。
※読プレあり
 

これが「ぼた餅」なのです。
ぼた餅とおはぎの違い、知ってましたか?

喜久屋
 
#SWEETS@みやき
 
綾部神社の門前にあるこちらのお店は、参拝者の一服の場所として長い歴史を持つ。お祭りの時期である7月・8月・9月は特に忙しいとのことだが、その昔ながらの製法と味には定評のある、老舗の名店だ。キリっとした甘さとやわらかいお餅の食感は、お参りした後の充実感を満たしてくれる。一緒に振舞われる一服のお茶も、これまたぼた餅にすごく合うから嬉しくなる。代々引き継がれてきた伝統の味を是非どうぞ!

 

親子2代に渡る菓子作り
和菓子店の息子が始めた洋菓子店

パティスリー ホリ
 
#SWEETS@唐津
 
唐津にある「ホリ」は、“より新鮮な素材でより作りたてを”をモットーに、地元の人に愛される洋菓子店。しかしそのショーケースには、本格的な和菓子や和風のケーキも多く並んでいる。一見相反するようなこのラインナップには、実は親子の絆が隠されていた。人気の「ホリロール」のほか、カエルを模したシュークリームなど見た目にも可愛らしいお菓子にも注目~!
 

南プロヴァンス風の可愛い店
素材を生かしたお菓子達は常連さん達の人気者

SWEET SHOP TAKA
 
#SWEETS@鳥栖
 
スイーツ激戦区であるこの場所で、約20年、常連さんたちに愛されて続けている店。店内のデザインもとってもおしゃれで、床板などにセンス良く店名の焼き印を入れてあったりする。オーナーさんのアイディアだ。限られた予算で出来ることをしただけと教えてくれたが、お菓子にもお店にもオーナーさんの気持ちとアイディアが溢れていた。
 

佐賀のもち米は美味しい!
日本人の心、お餅菓子を子供たちに

高橋餅本舗 福屋
 
#SWEETS@佐賀
 
佐賀は実に歴史深い。ここにも明治31年創業で120年目を迎える老舗がある。創業当初は、当時はよくある雑貨店をしていたそうで、看板・店名などあらず、苗字から「福井の商店」と呼ばれていたらしい。そこではパンや米、タバコなどを売る中、饅頭(六方焼)などの菓子も作って売っていた。昭和初期に入ると、2代目の利一さんが餅の販売も始めた。するとその餅が人気となり、お客の間で“餅屋”という口コミが広がっていった。さらに「餅屋、餅屋」と呼ばれ続けるなか、店の側に「高橋」という橋があることから次第に「高橋の餅屋」と呼ばれるようになり、それが後の屋号へと繋がったという。
 

とかく可愛いお店もケーキも
白いテーブルで風を感じながら頂くスウィーツタイム

ララフィール伊万里店
 
#SWEETS@伊万里
 
お子様連れのママさんたちが続々と訪れてくる人気店。それもそのはず、プチガトーもそうだが、キャラクター的デザインをされたケーキが多く、とにかくどれも可愛い。でも、一見普通のロールケーキだけど、すごく人気のある「はちみつ物語」はスポンジがふんわりでクリームは甘すぎずと、女子心をくすぐってやまない。お店そのものもとにかく可愛いイメージでくるまれている、そんなお店をご紹介。
 

あなたはどの味がお好み?
ラスク用パンを使った料理も人気

ONLYONE
 
#SWEETS@鹿島
 
鹿島市からバイパス沿いに太良町方面へと進むと見えてくるモダンな建物。こちらは、'14年にオープンしたラスク専門店だ。店の中へと足を踏み入れると、ふんわり漂う甘~い香り。中は広く、照明を落とした落ち着いた雰囲気。右奥の棚には約15種類のラスクがずらりと並んでいる。一方左側はカフェスペースになっており、コーヒーや軽食を味わいながらゆったりとくつろげる。今、地元で人気を集めているこちらのお店を、詳しくご紹介!
 

情熱スウィーツ、スペイン魂
熱き心を持ったパティシエシェフ物語

パステレリア テテ
 
#SWEETS@小城
 
「自分が食べたいスウィーツしか作りたくない。」はばからずに公言したシェフの歩んできた足跡は、さながらサムライである。若くして海を渡り、一人異国の地で修業に励んだ結果、このお店の人気は推して知るべくゆるぎない。実際、今回のモデルYURIEも常連客の一人。「何が美味しいの?」と聞くと「全部」と答えた。すごく興味深いシェフのインタビューストーリーにどうぞご期待を。

 

唐津愛に溢れるパティスリー
OLから転身した女性オーナーの奮闘記

カロリー計算された数種の砂糖が作る絶妙な甘さ
パティスリーLe・Carillon
 
#SWEETS@唐津
 
カリヨンとは町のシンボル的鐘塔を意味する。それは決まった時間になると、音楽を奏で時刻を鳴らす。このお店は、まさに町の象徴的存在だ。地元を意識して地元の素材を使ったケーキを作り、町おこしにも一役買っている。何よりも社長の優しさとバランス感覚に脱帽。さて、絶妙な甘さを施す美味しいケーキをご紹介しましょう。
 
 

レンコンケーキを作る発想
あなたのリクエストオーダーは無限

人生のテーマ、好きなお菓子作り
Tem.de Suc.

(テムデサック)

 
#SWEETS@小城
 
その場所は、一見すると普通のオシャレな住宅のようだから、初めての人にはわかりづらい。でも、わざわざ探していく価値があると、力を込めてお伝えしたい。オーナーパティシエは、とってもオシャレなデザイナーさんのようなルックス。でも、彼女の発想力はとどまる範囲を知らない。そんなお店ってチョットないよね~。楽しい~!
 

古来より伝わる日本のお菓子
大いに自慢しよう!小城で生まれた羊羹を。

八頭司伝吉
小城羊羹の店
 
#SWEETS@小城
 
創業百余年、頑固なまでに伝統の製法にこだわり続け、上質な原材料を使い手間暇掛けて職人技で煉り上げて仕上げた八頭司羊羹。しっとりとした食感でおぐら、抹茶、白煉など様々な味わいを楽しめる。香りや色もバラエティー豊かで、昔のイメージとは違う、まさに現代の世界に誇れるオシャレ和菓子。あなたも是非、試すべし!

 
好き!だけどあげたくな~い
自分で食べちゃいたいくらい美味しい
ブルーシャン
高貴な香りの最高チョコ
 
 
なめらかな舌触り、官能的な甘さ。これこそが大人のチョコレート。このクオリティーは私だけのもの、あの人にもあげたくない。な~んて悪い心がウズウズしちゃう、そんなお店がこちらです。シェフ曰く、素材も最高ですが、お手頃に味わっていただきたい気持ちで作りました。庶民の味方、いいぞ!ブルーシャン!

 

豊富な種類に
喜び迷うひと時を
クリスマスケーキ特集
アンナの贈り物
 

#SWEETS@佐賀
 
ちょうど町のコーナーに位置するこちらのお店は見るからにケーキ屋さん、とっても可愛い。今年のクリスマスケーキもバラエティー豊かに取り揃え、聖なる夜の演出に一役買おうとバッチリ備えている。その他のプチガトーもすごくキュート。目移りしちゃって困ります。。。

 

嬉野に輝く一等星
感動ミルクレープ!

クリスマスケーキ特集
Spica -pâtisserie-
 
#SWEETS@嬉野
 
オープンキッチンのケーキ屋さんなんて珍しい。ふわふわのスポンジに濃厚なクリームを塗る。カラメルを焼く。そんな様子を見ながらオーブンから香るあま~い匂いも楽しめる。『できたて』にこだわるこのお店ならではのエンターテイメント。すみません、生クリーム多めでお願いします!
 

お菓子のデパート
嬉しい楽しい広い!

クリスマスケーキ特集
Patisserie CARINTEI

(カリンテイ)

 
#SWEETS@白石
 
スタイリッシュで大きなお店。ウッドドアを開き店内に入ると煌びやかな色合いに気持ちが踊る。所狭しと飾られたお菓子の数々。ショーケースには色んなお花が咲いたかのような色とりどりの美しいケーキが咲き誇る。白石平野の美しい風景が広がる窓際のカフェで食べよう。
 

オトナSWEETS

豪華で可愛い

Délice de la marguerite 

マルグリット)

 
#SWEETS@佐賀
 
ほろ苦いケーキをパクリ。そしてお酒を一口。誰にも邪魔されない大人のひととき。この店に入るとゆったりとしたジャズが耳に入りセクシーな雰囲気に変わる。まるで宝石みたいなケーキがずらり。フランス菓子、洋菓子。大人向けのご褒美ケーキ。
 

 

田園SWEETS
故郷の味、アップルパイ

DETENTE

(デタント)

 
#SWEETS@武雄
 
ヨーロッパの片田舎を連想させる店構え。壁の色、門の雰囲気、全てにおいて柔らかく優しい。ホワイトクリームの味わいもそうだし、オーナーパティシエの人柄もだ。テラスはコンパクトに、しかし、何時間でも入れそうなほど気持ちよく作られている。
 

おとぎの国のSWEETS
まるでテーマパーク
Ange Coco
 
#SWEETS #カフェ @鳥栖
 
知る人ぞ知る鳥栖のファンタジーランドと言えばコチラ。ヨーロッパさながらの建物達に囲まれて、もうここは夢の中。しかもランチタイムのお料理も考え抜かれた絶品ばかり。本命のSWEETSは、これまたここならではのものばかり。これは一度は必ず行くしかないおススメ店である。
 
  

 

ドラマのある
感動スウィーツを

パティスリーブレゾワ
 
#SWEETS @佐賀
 
30歳を過ぎてパリに渡りシェフからパティシエを目指したオーナーが、ご家族への愛をその背中に担いで一心に修行に明け暮れた結果、奥様との夢だった念願のお店を開業しました。
 

  
 

一度は食べたい
夢みるSWEETS

パティスリー・ダンデリオン
 
#SWEETS@吉野ヶ里
 
高校生の時からの夢をかなえたオーナー。結婚式場で修業を積んだ腕前はお客さんを魅了する。今年のオープンしたばかりのパティスリーは早くも話題になっている。毎月新メニューを作っているそうだ。
 

安全×新鮮×果物
楽しいSWEETS

フルーツガーデン新・サン
 
#SWEETS@佐賀
 
店に入るとかぐわしいフルーツの甘い香りに包まれて、目を閉じればそこはパラダイスのよう。日本全国から厳選された素材を使ったタルトやゼリーを思う存分、安心して味わえる。