武雄市

特集・武雄市
佐賀県武雄市は佐賀県の西部に位置しており、佐賀市と長崎県佐世保市の中間、有明海や大村湾とは接していない佐賀県の内陸の自治体です。
武雄市の中心部は、JR佐世保線・武雄温泉駅を中心とした温泉街となっており、観光客で賑わっています。
また、武雄市の東側には長崎自動車道の武雄北方ICが、南側には武雄南ICがそれぞれ存在しており、車でのアクセスも良好です。九州佐賀国際空港からタクシー等を使用すれば、武雄市には約60分で到着します。
武雄市の北側には蓬莱山をはじめとする山々が連なっており、豊かな自然が特徴です。反対に、武雄市の南側は住宅地となっており、また白岩運動公園をはじめとする公園施設も多数存在しています。

特集・武雄市


武雄市は佐賀県の西部、佐賀市と長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉がある。この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されている。
市域の約23%が田畑で、市内全域で農業が行われている。主な農産物は米や麦、大豆の栽培も盛んで、山内町は茶やチンゲンサイ、佐賀牛などの生産が多い。2007年には市がレモングラス栽培を呼びかけ、当時「レモングラス課」を置いて推進した。
公設図書館では初のスターバックスと提携した武雄図書館も有名である。

印象的な見所が満載の街

季節に楽しい懐の深い観光地

ふるさと納税特集
武雄市オススメ返礼品
 
#ふるさと返礼品@武雄
 
ふるさとを応援しつつ良い品が手に入り、しかも節税にもなるというこの制度。利用しない手はないですよね! どの町も、とても魅力的な商品ばかりで迷ってしまいがちですが、どうせなら佐賀の素晴らしい品々を味わって下さいませ。手続きはとっても簡単。お申し込み方法もばっちりご紹介しますから、ぜひご利用ください♪
※読プレあり
 

本格の味を気楽に堪能!
ここは最高のトラットリアです

La Mia Casa (ラ・ミーア・カーサ)
 

 
本来、某有名ホテルで料理長だったオーナーシェフ。もっと気軽に美味しい料理を楽しんでほしいと始めたこちらのお店。少しこじんまりとした店内に、むしろ親近感を感つつ、カウンター越しに調理される料理の音や香りがなんとも嬉しい。気さくな会話とワインをお供に、クリスマス以外でも楽しんでほしいお店だ。
※読プレあり
 

季節を感じるくつろぎカフェ
 喫茶店から始まったあったか空間

Restgarden Mini
 
#グルメ@武雄
 
自然とともにお洒落な生活を楽しむ、そんな佐賀ライフを盛り上げてくれる郊外のインスタカフェがここにある。通りから見ても、テラスガーデンに座っても、店内のお席の全てが、ライフステージに合わせて快適に過ごすことができるお店なのだ。もちろんお料理の味もGOOD! クリスマスにもお薦めです!
※読プレあり 
 

天皇陛下のお宿はいかが?
部屋の露天風呂で味わう優雅な時間

御宿 竹林亭
 
 
一年に一度、自分へのご褒美をあげるなら、断然この旅館で過ごす癒しのひと時にしたい。
それほどに素晴らしいお宿・竹林亭さん。一番人気のお部屋には、壁ではなく大きなガラス窓で自然の景色が広がる。テラスには露天風呂。風の声を聴き、佐賀の味を満喫できるハイクラスなお宿に、あなたはきっと感動することだろう。

 

胸キュンのお洒落な工房
センスの良さに多くのファン

いろえ工房
 

#カルチャー@武雄
 
向かいに黒髪山の素晴らしい眺望が広がるこちらの工房。裏手には湖面が佇むオープンテラス。外見は古めかしい雰囲気だが、ギャラリーはモダンでオシャレなスペース。そこで見る焼き物のデザインはなんとも胸キュンなものばかりだった。とっても可愛いご夫婦が営む、今このエリアで大人気の工房をご紹介します。
※読プレあり
 

陽気な野菜ソムリエのカフェ
お洒落な空間とメニューにうっとり

Beee plus cafe

 
#カフェ@武雄
 
ご覧くださ~い!このお洒落で豪華な、机いっぱいに広がるメニュー。YURIEとMAKIは、もうウットリ~!オーナーさんは、まるで陽気なイタリア人のようで最高!シェフも、自慢お料理を惜しげなく披露してくれました。ここは、平日でも女性たちで溢れる人気カフェ。その理由は、お店のお洒落さとメニューの豪華さ。楽しくも素晴らしいお店ですよ!
※読プレあり
 

ランプシェードの美しさ
名だたる陶芸作家たちの光の競演

陽光美術館
 

 
武雄焼と総称される窯元たち15人の作品が一堂に会し、ランプシェードとなって見る人の心に淡く穏やかな癒しを与えてくれる。そんな光の祭典が、ここ陽光美術館で開催中だ。めったにお目にかかれない作品の数々、つかの間だが心を奪われる幻想的な空間が広がっている。今回は、この作品たちにフォーカスして、その様子をご案内する。
 

気取らない、あるがままに
華道家に贈る器のバラードを奏でる

花泉窯
 

#カルチャー@武雄
 
この花泉窯さんは、花器専門の焼き窯です。その魅力を認めた日本中の華道家さんたちから、作陶のリクエストが届いています。今日は、窯主の山田さんの指導の下、草月流福岡支部の皆さんが花器作りに挑戦しました!実は、NATSUKIは門下生の一人なのですが、今回はSAKIも参加させていただきました。はてさて、いったいどんな作品が出来上がることやら・・・。楽しい花器作りの様子をお届けします!
 

美味しいお米を堪能しよう!
土鍋で炊いたご飯の旨さに感動

お百笑さん
 
#グルメ@武雄
 
こちらはドッグカフェとしても愛犬家たちの間で人気の高いお店。しかし、普通にお昼を食べに行くことをおススメするよ。なぜって? 卵掛けごはんランチがすんごく美味しいから! ご飯は厳選されたお米を特製の土鍋で炊き上げる。そこに特別な鶏から生まれた卵をかけて頂く。これがもう最高に幸せなのよ。豚汁もまた食べに行きたいよ~!
※読プレあり
 

のどかな自然に癒しの空間を
パン作り体験ができるパン工房

サガ女子旅クラブ
水炎花 (すいえんか)
 
 
黒髪山の中腹にある大自然に囲まれた石窯パン工房水炎花。田舎のおばあちゃんの家にやってきたような、ほっと一息出来る場所。ここではパンとピザ作り体験ができる。パン作り初心者でもオーナーが優しく教えてくれるから安心して。美味しいコーヒーを飲みながら時間を忘れてのんびり過ごしてみてはいかが?
 

 

抹茶も楽しめる素敵な庭園
季節を感じる素晴らしい景色を満喫

サガ女子旅クラブ
慧洲園
 
 
素晴らしいお庭、とはここのような場所のことを呼ぶのだろうと感じ入った。計算され尽くした岩と樹木と池の配置や、斜面を利用した立体感ある茶畑の風景など、どこを見ても「絵になる」のだ。お散歩コースの奥には、抹茶を一服できるとても良い雰囲気の茶庵があって、休日をゆっくりと満喫できるのだ。
※読プレあり

 

子供がこんなに喜ぶなんて!
充実の安心設備にも感激です!

さがすたいるプロジェクト

県立 宇宙科学館ゆめぎんが
 
#レジャー@武雄
 
プラネタリウムで神秘の宇宙、月を歩くフワフワジャンプ、宇宙飛行士の訓練などなど一日いても全然楽しいなんてもう最高!レストランでは、子供用イスや割れないコップ、カラフルなお皿もある上に、安心して遊ばせられるキッズスペースまで完備。本当に充実のホリデー体験を公開しちゃいますねっ!
 

白磁の美しさと大胆な絵付け
親子それぞれが違う魅力の窯元

壯明窯
 
#カルチャー@武雄
 
父が開き息子がそれを進化させている、そんな印象を受けた窯元がここ「壯明窯」。基本的には白磁の美しさが際立つ作品が多い。父の作品は季節感のあるモチーフの絵付けが実に趣深い。息子の方は、真っ白な器に宇宙的とも言いたくなるような青の流線が走るスタイリッシュな作品が際立つ。一つの工房から全く違う感じの作品が出来上がるのは珍しいと思った。
 

デートに◎のフレンチ店
お土産用にテイクアウトも人気

french kitchen
Premier

(フレンチキッチン プルミエ)

 
#グルメ@武雄
 
自家栽培の野菜や地元の食材を使い、丁寧に仕込まれたフレンチが人気の「Premier」。彩り豊かなランチやディナーはデートや記念日にもおすすめだ。また、こちらではバーニャカウダソースや手ごねハンバーグ、スイーツなどのテイクアウト商品も販売しており、食後に買って帰る人も続出している。ウェディングにも力を入れているので、少人数での式で予算を抑えたいカップルは必見!
 

森のミストに包まれる空間
目の前に広がるブルーとグリーン
サガ女子旅クラブ
武雄温泉 森のリゾートホテル
 
 
きらきらと輝く湖面に春の陽気を感じながらリゾートホテルを楽しむなんて、ちょっと贅沢でなによりお洒落じゃない?ホテルの玄関にある素敵な生け花がアナタをお出迎えしてくれて、ドアを開けると一面フローリングのスタイリッシュな空間。チャペルから広がる景色はもう外国の趣き。桜の季節には咲き誇る花びらに酔いしれそうなホテルです。
※読プレあり

 

いざ美味しさの“楽園”へ!
新しい味を求めて創作を続ける店
菜'on(ザイオン)
 
 

武雄にある「菜'on」では、実家の青果店から仕入れた新鮮野菜や厳選された食材を使い、様々な国の要素を取り入れたオリジナル料理が味わえる。昼はランチ、夜はダイニングバーとして利用可能。見た目にも美味しい料理とお洒落な雰囲気、気さくなスタッフで幅広い世代から支持されており、昼夜問わず人気だ。常連客同士の仲が良いのも、こちらのポイントのひとつ!
 

特別な日にもおすすめ!
本格イタリアンの隠れ家的名店
souRce(ソース)
 
 

武雄の市街地のなかにある、隠れ家的レストラン。ムードあるエントランスを抜けると、落ち着いた照明の大人な空間が広がる。こちらでは、有明海をはじめ、地元の食材で作る本格イタリアンが味わえる。コースメニューは内容ごとに値段が分かれているので、普段のランチやディナーはもちろん、記念日や大切な人との食事にもおすすめ。また、10名収容の個室も完備しており、会食などにも利用できる。
 

お取寄せ入荷待ち㊙コスメ
ご存知ですか?100%自然由来、ヘチマの力

へちまや群生舎
 
#ビューティー@武雄
 
ヘチマたわしが体に良い、ヘチマの化粧水がお肌に良いと、最近コスメ女子の間で人気がある。その商品を作っている農家さんが、なんと武雄市にいらっしゃった。美しいヘチマたわしのフォルムは、まさに自然のままの姿であるところがまた、信頼性を引き上げる。さらにこちらではヘチマ100%抽出の化粧水も作っている。古来より保湿性の高いヘチマは、化粧水として使われてきた。その生産工程は、作り手の根気と優しさで溢れていた。
 

ピカピカの泥団子を作ろう!
土と遊べるオーガニックカフェ

土雑貨&カフェ
つちのや
 
#カフェ@武雄
 
木々に囲まれた自然の中で、地産地消・季節の野菜を使った体に優しいランチを提供する「つちのや」。古い牛舎を再生させた建物は、どことなく懐かしい雰囲気がして心地良さも感じる。こちらではランチのほか、土を使った体験メニューも人気。大人の癒しになるだけでなく、自由研究で迷ってるお子さんにもおすすめだ。ピッカピカの泥団子はクラスで注目されること間違いなし!
 

一片で一房分の栄養が
今回はその場でお料理して食べてみました

ニンニクにかける青年の闘志
ミヤハラ農園
 
#カルチャー@武雄
 
宮原青年には夢と野望がある。それはこの素晴らしいスプラウトにんにくが、広く世に知ら占められたくさんの人に食されること。その為に日夜研究を続けがんばっている。いち早くネット販売に目を付け、顧客数も伸びてきているらしい。普通のにんにくの一片のサイズで、普通のにんにく人房分の栄養価を有するらしいこの食材。今回は、モデルの二人がその場で調理して食べてみることにした。読プレ有り。
 

世界を旅して感じた思いを
たまたま見つかったこの場所がマイホーム

タケオベーカリー
 
#ベーカリー@武雄
 
去年の3月にオープンしてすぐに人気急上昇。こちらの塩パンはメチャクチャ売れている。お店を出すのが夢だったオーナーの個人的に好きなパンは週に一度出しているハード系の逸品。クルミ・レーズン・オレンジピューレなどが練りこまれていると言うが、いったいどんな味なのか?18年の修業の成果が今、花開いた!
 

レモングラスの美味しさ実感
飲む度に体が喜ぶヘルシーさが嬉しい

ティーカフェ
スタート フロム ゼロ
 
#カフェ@武雄
 
国道35号線、武雄市街地から有田方面に向かう途中に、黄色と緑色で彩られたお店がある。知らないと何のお店だろうと不思議と思うだろうが、ここにはお宝がひそんでいる。武雄はレモングラスの宝庫。他にも様々なハーブが栽培されている。それらを十分に楽しむことができるお店が、ここだ。
 
 

おとぎの世界に来たみたい
有名な芸術家が廃材で建てたカフェ

喫茶 山閑人
(さんかんじん)
 
#カフェ@武雄
 
ディズニーやサンリオパークにありそうなおとぎの国のような空間。とは言え、大人の雰囲気。リアルに凄い。よくぞ手作りで建てられたなぁと、誰もが感心するらしい。ディスプレイの絶妙なデザインは、芸術的センスがほとばしっている。癒しの空間だが、パワースポットに違いない。
 
 

陶芸家がプロデュース
よく考えられたこの店の全てに感動

ギャラリーダイニング
房空路

(ぼうくうじ)

 
#グルメ@武雄
 
黒髪少年自然の家の方面に向かうと見つけやすい。緩やかなカーブの中間に、古民家風の一軒家。赤い看板に店名があるこのお店は、ジャパニーズゴージャス!入口の土間、客間に焼き物が並べられとても艶やか。料理が、これまた美しい、美味しい。心のこもったおもてなしのお店。
 

可愛くて楽しい手作り雑貨店
気持ちのこもったアクセサリー

日々のアクセサリー 
Queue(クー)
 
#カルチャー@武雄
 
店内にはきらびやかな、可愛らしいアクセサリー類がズラリと並ぶ。光に照らされて揺れるたびにキラキラと輝く。温かみ溢れる店内に、作者の気持ちが感じられる。有名ブランドにはないオリジナリティー。これを身に着けたら、きっとみんなから注目されるだろうな。あなたも、世界に一つの自分らしさを見つけてみては?
 
 

安心嬉しい親子カフェ
雰囲気、味、間取り、全部気持ちいい

Cafe&菓子
まんまる実柑
 
#カフェ@武雄
 
ドアを開くとケーキの並ぶショーケース。そしてコーヒーの良い香り。店員さんの柔らかな笑顔。子供は一目散に絵本に駆け寄る。隣には暖炉があってなんだか童話の世界に入り込んでしまった。木調のテーブルには上下デニムコーデのおじいさんが、コーヒーを片手に読書にふけっている。なんてオシャレな空間があったものだ。

 

確かなロマンがここにある
旅好きならきっと感じる心地良さ

大正浪漫の宿
京都屋
 
#旅館ホテル@武雄
 
今年で創業107年を迎えた老舗旅館は7年前に女将が変わり、良い所はそのまま、直すべき所は新しくと、客を喜ばせる要素が満載だ。先代が残したアンティークのオルゴールや、今では滅多にお目に掛かれない蓄音機に格調高そうな什器類などがロビーからエントランスに広がっていて、まるでちょっとしたミュージアムのようだ。さぁ、大正ロマンへようこそ。なんと読プレ、あります!
 

新春特別リポート
初詣で今年の運を呼ぼう!
県内三社参りのご案内
今年もやっぱり神頼みから。
 
 
毎年多くの参拝客で賑わう県内でも人気の神社をご紹介。ドライブがてら家族、友達、カップルで普段行ったことがない神社まで、今年は足を運んでみてはいかがかな?信じる者は救われる・・・この言葉、神様が違っても基本同じ趣旨だね~。運転する時は、どうぞお気をつけて、いってらっしゃ~い!

 

深い究極スパイス
人生語るカレーの話

すぱいすキッチン
ゆいま~る
 
 
シンガーソングライターとして全国を巡業し、農業に目覚め石垣島でパイナップルを作り、ついには趣味だったスパイス作りが実り、独自のカレーを生み出したオーナーの人生物語がここにある。今や人気店となった背景にはそれを支えた奥様がスゴイ!なにこれ、辛いのに箸が止まらない!

 

 

田園SWEETS
故郷の味、アップルパイ

DETENTE
(デタント)
 
 
ヨーロッパの片田舎を連想させる店構え。壁の色、門の雰囲気、全てにおいて柔らかく優しい。ホワイトクリームの味わいもそうだし、オーナーパティシエの人柄もだ。テラスはコンパクトに、しかし、何時間でも入れそうなほど気持ちよく作られている。

 

不思議な光景が広がる
バナナジュースの秘密

YUKI HAYAMA
GARALLY&CAFE516
 
#カフェ@武雄
 
なんだぁ~ここは!!!と叫びたくなるような場所。まるで秘密の研究所のような感じ。現実離れしててワクワクする~!いやはや世の中まだまだ広いもんだよ。でも話のネタには最高!友達連れてったら絶対喜ばれること間違いない。