鳥栖市

特集・鳥栖市

鳥栖市は佐賀県の東端に位置し、北は脊振山地を隔てて福岡平野、南は筑後川を挟んで久留米市に隣接している。面積71.72平方キロメートルで人口は約73,000人。「鳥栖」という地名は「鳥の栖(すみか)」という意味で、奈良時代に書かれた「肥前風土記」によると、ここに住む人々が鳥小屋を作り、雑鳥(くさぐさのとり)を捕まえて飼いならし、朝廷に献上したことから「鳥屋の郷(とりやのさと)」、「鳥樔(巣)郷(とすごう)」と呼ばれ、のちに鳥栖という地名になったと伝えられている。自然に恵まれ、九千部山の山麓や河内ダム周辺はもちろん、市内全域で多くの野鳥を見ることができる。

加工品・家具・グッズまで!
鳥栖市ゆかりの事業者が勢揃い

ふるさと納税特集
鳥栖市オススメ返礼品
 
#ふるさと返礼品@鳥栖
 
ふるさとを応援しつつ良い品が手に入り、しかも節税にもなるというこの制度。利用しない手はないですよね! どの町も、とても魅力的な商品ばかりで迷ってしまいがちですが、どうせなら佐賀の素晴らしい品々を味わって下さいませ。手続きはとっても簡単。お申し込み方法もばっちりご紹介しますから、ぜひご利用ください♪
 

超レアなアメリカン雑貨店
マニアでなくてもこの可愛さ大好き

Chi's  (チーズ)
 

#カルチャー@鳥栖
 
基山町から久留米市へ向かう国道3号線沿いにあるプレミアなこちらのお店。アメ車レストアショップの店先に、ポップなワンボックス。その上には大きく「Chi's」のキャッチーな看板がある。1950年代にアメリカで流行った様々な商品。とりわけカップやボウルなどの食器が多く、実はどれもオーナーこだわりの一点物ばかりだというが・・・。
 

愛され続け130年のもなか
伝統を守り新時代に挑戦するお店

水田屋
 
#スウィーツ@鳥栖
 
日本人のDNAに刻み込まれている「あんこ」への安心感。それは懐かしいおばあちゃんの微笑みのよう。佐賀のお美味しいお茶と共に頂けば、なんとも贅沢なひと時が訪れます。この慌ただしい現代社会になお、地元に皆さんに愛され求められ続ける水田屋さんの「すずめ最中」は、若者にも人気の一品なのです。
※読プレあり 
 

応援します!佐賀のお酒
鳥栖産米で新しいお酒「兵介」

原岡酒店×「兵介」
 

#カルチャー@鳥栖
 
地元の酒蔵さんからも信頼の厚い原岡酒店さんには、2~300種の日本酒・焼酎がズラリと並んでいる。そのうち約7割が佐賀のお酒。二代目である女性社長さんは「佐賀のお酒は本当にいいと思う。」とこよなく応援しているそうだ。そんな中、この度、鳥栖産山田錦のみを使用した日本酒「兵介」が誕生した。
 

アーバンスタイルで夜を楽しむ
都会的空間で春の夜長をゆっくりと

voyage(ヴォヤージュ)
 
#グルメ@鳥栖
 
オシャレが3つ揃ったお店で、大人気分を味わいながら夜をゆったりと楽しみたい!なんて思っているアナタ!ここおススメですよ~。車で来ても充実のノンアルカクテルが凄い種類あります。お料理は、絵になるだけではございません。お味のほうも大満足!お店の雰囲気は、素敵な夜を演出してくれること、もう間違いな~い、のでございますよ~!
※読プレあり
 

いちご狩りだけじゃない!
いちご満喫プランで思い出づくり
サガ女子旅クラブ
鳥栖ベリーフォレスト
 
 
鳥栖インターからほど近い場所にいちご狩りスポットを発見! こちらではなんと、いちご狩りだけでなく、プランによっていちごジャム作りやいちごのスイーツが付いてくるという、いちご尽くしな体験ができる。いちご狩りにはもってこいのこの季節、シーズンが終わる前に農園へ急げ~!

 

初体験の青、鮮やかな色彩
彫刻家の発想で一味違う焼き物

魚蓮坊窯
 
#カルチャー@鳥栖
 
シリーズ1回目は、開窯して約50年。鳥栖の地には珍しい焼き窯をご紹介。釉薬の艶も独特の光沢を醸し出し、またその形にエネルギッシュな若さを感じた。スタイリッシュとかではない、ともすれば無骨な感じがとてもいい味を持っている。有田や伊万里、波佐見などとは明らかに違うのが楽しい、そんな窯元をご紹介。
 

かぐや姫気分で豪華ランチを
あの人も来た山里古民家レストラン

竹取物語
 
#グルメ@鳥栖
 
日本昔話の世界にやってきた、そんな感覚に見舞われる素敵な山里。まさにフォトジェニック。うららかな光が差し込むお部屋は豪華な和室だけどテーブル式。足も疲れず着物にもしわ寄せしない心遣いで楽ちん。かの安倍首相も訪れたこともある隠れた名店なのだ。改めて佐賀の自然の良さを実感できるお薦めのお店であった。
※読プレあり
 

マイスターの作るケーキ
それぞれのテーマ曲に乗せて…

ブルーシャン
 
#スウィーツ@鳥栖
 
オーナーパティシエの青野さんは、厚生労働省「ものづくりマイスター」に佐賀県で初めて認定された功労者。店のショーケースには、材料にもこだわりを持って作られる、華やかなケーキが並ぶ。クリスマスには大人向けのケーキやアレルギー対応のケーキも販売されるので、今まで諦めていた人も今年はケーキでお祝いしよう♪
※読プレあり
 

まるで雑貨のテーマパーク!
品揃え豊富な輸入家具・雑貨

GALLERY HAKUSUI
ギャラリーはくすい
 
#カルチャー@鳥栖
 
JR弥生が丘駅前の通りを車で走っていると、一際目を引くお店を発見! 「何のお店だろう?」と思い中に入れば、そこにはヨーロッパを中心とした素敵な雑貨や輸入家具が所狭しと並んでいた。取材の際はハロウィンシーズン真っ只中だったが、これからお店はクリスマス一色に染まるという。見ているだけでワクワクしてしまう、そんなお店を詳しくご紹介~!
※読プレあり
 

魅力の庶民派グルメランチ
濃厚なソースの美味しさに魅せられて

ラパン
 
#グルメ@鳥栖
 
弥生が丘駅にほど近い、気持ち良い街並みの中にある。多くの女性客を唸らせるお味に対しお値段はとてもお手頃。しかも、ランチでも食後のお茶と手作りデザートまで付いていてすごく嬉しい。セットメニューも数多く、気分に合わせてチョイスできるのも人気の秘訣だろう。濃厚なソースが堪らない味わいのお店であった。
※読プレあり

 

ゴージャス気分を大満喫
記念日やクリスマスには特におすすめ

ANTENATO
アンテェナアト
 
#グルメ@鳥栖
 
案内役のモデルたちが、取材終わりに思わずご予約しちゃったほど素敵なお店。厳選された食材の良さを明晰なシェフが見事に料理で表現する惚れ惚れの出来栄えにため息が出ちゃう。特に魚と野菜には繊細な創作が施され、その上、お値段に対し品数が多い。雰囲気とメニューに大満足のブリリアントなお店。クリスマスにもお薦めだ。
※読プレあり

 

鳥栖米・塩ブッセ最高です!
エンジニアからパティシエになったオーナー

ポアソン洋菓子店
 
#スウィーツ@鳥栖
 
ここはとにかく安い! そして美味しい! 相場と比べると平均して100円ほど割安な感じ。でもクオリティーは高い。ロールケーキなどは旬の果物がこれでもか!というくらいテンコ盛りだ。シュークリームは結構な大きさで、クリームが溢れんばかり。これには25年前、エンジニアから転職したオーナーパティシエの地元愛が込められていた。
※読プレあり
 

南プロヴァンス風の可愛い店
素材を生かしたお菓子達は常連さん達の人気者

SWEET SHOP TAKA
 
#スウィーツ@鳥栖
 
スイーツ激戦区であるこの場所で、約20年、常連さんたちに愛されて続けている店。店内のデザインもとってもおしゃれで、床板などにセンス良く店名の焼き印を入れてあったりする。オーナーさんのアイディアだ。限られた予算で出来ることをしただけと教えてくれたが、お菓子にもお店にもオーナーさんの気持ちとアイディアが溢れていた。
 

今夏、親子で渓流デビュー
太古の岩や木々をそのまま利用した遊泳場
サガ女子旅クラブ
四阿屋遊泳場
 
 
四阿屋神社境内に流れる天然プールで、夏季のみ遊泳可能です。避暑地としても最適な場所です。水深が浅いので、小さな子供連れでも安心して利用できます。浅瀬と少し深いところがあるので、小さな子どもから大人まで楽しめますよ。水もきれいで、心地よい。入場料と駐車場は無料なのでお財布に優しいレジャースポットです。

 

夕方でもパンは焼きたて!
塩パンは5分置きに焼いています

石窯パン工房
クリーブラッツ

弥生が丘店

 
#ベーカリー@鳥栖
 

店に入ると目に飛び込んでくるのは、所狭しと並べられたパン・パン・パン。「クリーブラッツ」は、バラエティ豊かなだけでなく、一日中焼きたてが食べられるとあり、夕方まで客足が絶えない人気店だ。さらに、店内には絵本やおもちゃのあるキッズスペースを完備。外のテラスでは買ったばかりのパンをすぐに食べられるので、ドライブがてらに家族みんなで来店するのもおすすめ。
 
好き!だけどあげたくな~い
自分で食べちゃいたいくらい美味しい
ブルーシャン
高貴な香りの最高チョコ
 
 
なめらかな舌触り、官能的な甘さ。これこそが大人のチョコレート。このクオリティーは私だけのもの、あの人にもあげたくない。な~んて悪い心がウズウズしちゃう、そんなお店がこちらです。シェフ曰く、素材も最高ですが、お手頃に味わっていただきたい気持ちで作りました。庶民の味方、いいぞ!ブルーシャン!

 

鳥栖の路地裏オモシロい
女子好みカフェ

和サブロー
 
 
オーナーにゆかりのある名前でグループ全店に「サブロー」のお名前が付けられているというコチラ、カフェをコンセプトに美味しいメニューを展開している。そしてお子様と一緒にゆっくりとくつろげる間取り。ママさんたちが喜ぶお子様カフェだ。

 

 
パンの文化を佐賀に
夫婦喧嘩もパンの事

ブランジェリ・パナセ
Boulangerie panacee
 
#ベーカリー@鳥栖
 
「バゲットは中身がスカスカの物が多いけど、ここのはギュッと詰まって美味しいの!」(お客さま談)。ジブリ映画にでてくるような建物が目を引く外観。地元の人も大絶賛するバゲットは佐賀産の小麦粉を使用している。改良に改良を重ねたこだわりをじっくりと味わえるお店。

  

オトナ女子ディナータイム
築250年古民家レストラン

LINCOTTO

(リンコット)

 
#グルメ@鳥栖
 
落ち着いた雰囲気はもちろんのこと、とにかく居心地がよい。そこにおいしい料理とうまい酒がそろえばそれだけで最強なのだが、さらに庭の景色が加わって大人の女子会をしっとりやるなら完全にお勧めできる。ランチタイムも良いしディナータイムも良いし、状況に応じて利用できる。鳥栖駅近くの古民家ダイニングカフェ。
 

 
おとぎの国のSWEETS
まるでテーマパークの楽しさ

Ange Coco

(アンジェココ)

 
#スウィーツ@鳥栖
 
知る人ぞ知る鳥栖のファンタジーランドと言えばコチラ。ヨーロッパさながらの建物達に囲まれて、もうここは夢の中。しかもランチタイムのお料理も考え抜かれた絶品ばかり。本命のSWEETSは、これまたここならではのものばかり。これは一度は必ず行くしかないおススメ店である。
 

 
スリランカ本場の香りと味
スパイシー大好きな貴女へ
ライアンカリー
 
 
マサラ系カレーは数多くあれどスリランカは珍しい、しかも辛し美味し。お店の雰囲気もとても良いので、ぜひ家族と、友人と行ってもらいたい!