ナビゲーター/MAKI

La Mia Casa



2014年6月、武雄にオープンした「ラ・ミーア・カーサ」はイタリア語で「我が家」の意味。ここ武雄は野菜の宝庫と言っても過言ではないほど、豊富な種類の野菜が生産されているそう。オーナーが以前修業していた福岡の半値程度で仕入れることが可能だという。

トラットリア(食堂)という名前のとおり、量がとても多いのが特徴。また、料理は素材の味を大切にし、あまり手をかけすぎない料理を提供しているとオーナーは語る。しかし、一口食べてみると素材の味と一緒に奥深い味わいが口いっぱいに広がるのだ。
 

メニューはアラカルト、パスタ(季節ごとに5~6種類)。年間を通してのグランドメニューと、牡蠣やポルチーニ茸など旬の食材を取り入れた本日のおすすめメニューがある。

絶品料理の紹介


 


サーモンのソテー

玉ねぎとディルとオリーブオイル、白バルサミコ酢でマリネしたサーモンをソテーしたもの。深い味わいの正体は手の込んだ下準備にあった。

前菜盛合せ 1,200円
(野菜・魚介・ハム類 盛合せで10品ほど)

イベリコ豚肩ロースのグリル 2,480円

美味しすぎてほっぺたがおちそう♪

蟹のパスタ リングイネ


ソースと蟹が絡まる様子を見ただけでよだれが出そう。

こちらは季節限定のメニューだが、まるごと1匹の蟹とこのボリューム、さらに濃厚で芳醇なクリームソースに満足すること間違いなし!

種類豊富なドリンクの紹介



ディナーはワンドリンクオーダーが必須。そんな時に大人気なのがこちらのオーガニックジュース。味とボトルの可愛さにリピーターが後を絶たないそうだ!

イタリアのオーガニックドリンク 各700円
コーラ/ブラッドオレンジソーダ/レモネード/ザクロソーダ/ピンクグレープフルーツソーダ

シャンパンもあるよ。

今宵はグラスワインで「かんぱ~い」しよ♪

オーナー 宮本さん


 


55歳。20代は福岡市内のビストロで、30代はホテルで腕を磨き、最後はハミルトン宇礼志野のシェフになったそうだ。縁もゆかりもないし、親戚も友達いないこの武雄でお店を開いた宮本さん。

オープン当初はギャップだらけだったという。ビストロやホテルで磨いてきた技術は、あまり馴染みのない料理として地元の人に受け入れられなかったのだ。
アルデンテのパスタが「こりゃごっちんばい(硬い)!やわ麺でお願い」と言われた時は、どうしようかと相当悩んだそう。今ではお客さんも段々慣れてきたらしく、武雄の街に少しずつ浸透しているようだ。また、武雄は交通の便がいいのも相まって、福岡や長崎からのお客さんも多いという。

食は人が生きていくためのエネルギー。車でいうガソリンだ。「僕は料理で綺麗なガソリンを作りたいと思う。この“綺麗”というのは色彩のこと。本当の意味でのビストロ(定食屋)、トラットリア(食堂)をお客さんに提供したい。お腹いっぱいになって帰ってほしい。」と日々腕を振るう宮本さん。
お腹が空いた、美味しい物が食べたいと思ったら、エネルギー不足。すぐにラ・ミーア・カーサに直行して生きるためのガソリンを補給ほしい。

La MIa Casa様より抽選で1名様に、ランチコースペアお食事券をプレゼント!



※写真はイメージです

ご紹介致しました、La MIa Casa様より抽選で1名様に、ランチコースペアお食事券をプレゼントしていただきました。ぜひご応募いただき、大切な方と素敵なひとときをお過ごしください。

※ご利用には必ず事前のご予約が必要です。
※お店のご予約状況によってはご希望の利用日をお取りできない事がございます。

 
ご応募はフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。締切りは2018年12月24日深夜0時までとさせていただきます。ご当選者の発表は、編集部より直接のご案内をもって代えさせていただきます。皆様からのたくさんのご応募お待ちしております。
 
応募フォームへは、下記ボタンをクリックしてお進みください。
 

店名

La Mia Casa

(ラ・ミーア・カーサ)

住所

武雄市武雄町富岡7846-2

TEL

0954-28-9545

営業時間

■日~木

12:00~13:30 (L.O)

18:00~21:00(L.O)

■金、土

12:00~13:30 (L.O)

18:00~23:00(L.O)

定休日

月曜

駐車場

Fb

La Mia Casa Facebookページ

アクセス

武雄北方ICより車で約10分

JR武雄温泉駅より徒歩約5分