ナビゲーター/YUKIKO & RIE

赤い窯のピザ屋さん
La Luna Verde(ラ・ルーナ・ヴェルデ)


オーナーさん曰く「佐賀県内で初めて本格的な窯を導入したのがうちのお店だ!」と胸を張る。そう豪語するだけあって、ピザ生地をはじめ、なんとチーズも自家製というからビックリ! できるだけ国産の食材を使用し、無添加で安心・安全を提供しているよ。
ディナーではコース料理(2,500円~4,000円)も提供可能で、土日祝日には窯で焼いた「お肉プレート」も。ランチでもディナーでも訪れたいお店だ。


限定ランチ(1,500円)を紹介するよ!
  • イタリアンミックスサラダ/選べるピッツァ/ドルチェ(ケーキとジェラートの盛り合わせ)/ドリンク

こちらはイタリアンミックスサラダ。

ピッツァが焼けました~!

今日は当店1番人気のマルゲリータを注文したよ。 

限定3食のおススメピッツァをはじめ、30種類ほどの単品ピッツァがあるから飽きずに何度も通っちゃいそう♪

オーブン、トースターで5分温めるだけの冷凍のピッツァも販売しているよ! 冷凍庫で1ヶ月保存が可能だからお土産や自宅用にどうぞ♪

限定ランチのドルチェとドリンクだよ。

コーヒーはイタリアのコーヒー豆を使用していて、豊かな酸味と甘みが特徴。

食後のデザートいただきまーす♡ 

とりあえず自分でやってみる、挑戦の精神。
オーナー 嘉村さん



伊万里出身の嘉村さん。20年ほど前は、東京で音楽バンドをやっていたがそれだけでは食べていくのが難しく、時間を見つけては楽器のベースを作ってたそうだ。趣味は釣り。しかし、当時欲しいなと思うルアーがなく、自分で作れないかと思ったのがきっかけでルアー作りもはじめた。そのルアーは一時期は1個1万円の高値で売れていたという。

そして15年ほど前、釣りに行くときに持っていく用の“パン”を自分で作るようになった。そこから嘉村さんはパン作りにのめり込んでいく。その経験が今のピザづくりに大いに役立っているのだ。実は嘉村さん、パンやピザ生地は誰に教えてもらったでもなく、独学で作っている。「誰にも習わずにこれが出来るのはすごい!」とピザ職人も驚いたそうだ。
2015年にここ、「La Luna Verde」をOPEN。大きなピザ窯をお店に置くお店が増えてきたが、佐賀県内で初めて本格的な窯を導入したのはこちらのお店なのだという。店名は子供さんのお名前をイタリア語に変換して付けたそうだ。
ピザ生地には幻の小麦粉「ふくゆたか」を使用し、自家製チーズは東脊振の牧場ミルクを使用して作っている。「できるだけ国産の食材や道具で手作りしたいと思ってはいるんですが、どうしてもイタリアに敵わないものはスパッと割り切って取り入れてます!」と大笑いする嘉村さん。窯とイタリアントマト、ハム類はイタリア製を使用しているそうだ。

こちらの女性は、嘉村さんが自分のお店を開く前、熊本のピザ屋さんで一緒に働いていた三栗野さん。ここで働くために唐津にやって来たんだって! 「このお店の魅力は無添加でなんでも手作りなので、お客様に安心して食べてもらえることです。」と可愛らしい笑顔で語ってくれた。 

お店の様子



オーナーさんの趣味が詰め込まれた店内。

壁に飾ってあるインテリアもお洒落だね♪

カラフルなチェアが目を引くよ!

窯の温度で店内が温かいからたくさん観葉植物を置いているそう。 

多肉植物も多いね。

園芸に関する雑誌もたくさん置いてあるよ。

本場のピザ職人さんも驚いた美味しいピザをご堪能あれ!

手づくりのパンも販売しているよ♪
店名

La Luna Verde

(ラ・ルーナ・ヴェルデ)

住所

唐津市双水2650-12

TEL

0955-78-3870

営業時間

ランチ 12:00~14:00 (L.O)

ディナー 17:30~19:30 (L.O)

定休日

水曜

席数

28席

駐車場

13台

Fb

ラルナヴェルデFacebookページ

アクセス

唐津ICより車で約4分

JR山本駅より徒歩約20分