編集長KENTOのコラム


次世代のリーダー


カッコよくなりたい!を目指してひたすら鍛えたら、今では地域シンボル的な存在になった男

PEAK SMILE リーダー
大久保 徳之さん
Noriyuki Okubo

30歳を過ぎてマッスルトレーニングに目覚めた大久保さん。今では想像もつかないが実はその頃体重100キロのおデブちゃんだったらしい。ある時ハッと気づいた。やばい、このままでは女性にもてない。健康的にもやばい!そして始めたボディートレーニングが、わずか3か月で見る見るうちに体に変化をもたらした。徐々に引き締まっていく自分の体を見て、栄養学なども独学で学ぶなどますます熱が入っていき、のめり込むようになったという。ついには数々のフィジーク選手権などにも出場するようになり、なんと優勝するという快挙も果たしたのだ。そうなると次に考えたのは、この筋肉を地域のために役に立たせたいということだった。
地域を筋肉で笑顔にしたいからマッスルかき氷?!
知る人ぞ知るこのマッスルかき氷とは、地域のイベントなどで大久保さんがリーダーを務めるPEAK SMILEという筋肉集団が、せっせとかき氷を作るというパフォーマンスである。笑顔でマッチョマンたちが氷を削る様は、なんともコミカルでおもしろい。おじいちゃんもおばあちゃん、お子様さえも笑っちゃうのである。
PEAK SMILEとは
現在メンバーは9名。地域に笑いを届けたいと集まった筋肉野郎の集団である。中には消防士さんや普通の会社員さんなどがいる。平均年齢は30歳。写真をご覧いただいているように美しい筋肉を兼ね備えている。共通して言えることは、みんな笑顔が素敵だ。
 

さてさて、今回の対談ではあっけにとられることが多いのだが、社会地域活動を行っている大久保さんに、もっと地域の役に立ちたいと願う気持ちが大きくなったという。例えば、復興支援活動など、自分たちが中心となって被災地や困っている人々への救済活動ができやしないかと模索中だということ。

大久保さん実は、マッスルになってから色んな意味で前向きな性格になってきたらしい。メンタル面もとても強くなったんだとか、変に自信がついてきたとやはり笑顔で語ってくれた。これも、コンテストなどで優勝したことなどが大きく影響しているという。

そんな彼もまもなく35歳。そろそろ結婚などは考えていないのか尋ねると、いい人がいれば・・・とまんざらでもない。マッチョな体を手に入れて当初の目的は果たせたのか?と聞くと、案外ボチボチらしい。その謙虚な姿勢にも感心した。だからついでに聞いてみた。お好きな女性のタイプは?
「健康的でフィーリングの合う人」だそうだ。マッチョ大好きな読者のアナタ、とっても優しい大久保さん、編集部がご紹介しますよ!

編集部のスタッフでも軽々と筋肉サービスしてくれた大久保さん。今後もサガリッチは応援します!

KENTO編集長の所感

今日大久保さんと初めて出会いましたが、会った瞬間の衝撃を忘れることができません…笑。頭からつま先まで筋肉にしか目がいかない体つき。黒光りした全身から、眩しいほどのスマイルで第一印象の要素が濃ゆすぎて、こっちも思わずテンションがあがりました!そんな初めてお会いした大久保さんですが、本当に親しみやすい雰囲気で、インタビュー中ずっと笑いが絶えませんでした!一見、筋肉コメディアンという感じですが、『筋肉が笑顔を生む』という考えには信念を持たれており、大久保さんの本気度は本物です★
今後サガリッチとしても大久保さん率いる筋肉集団とコラボしていけたらなとワクワクしています!