ナビゲーター/MAYUKO&NATSUKI
ライター/齋藤奈紀

森のパン屋「せふりの」
代表 川原 康宏さん



パンは好きだったけど製パンの経験はなかった。そんな川原さんがパン屋のお仕事を始めることになったのは15年前。親交のある知人から教えられた「せふりの」の求人広告がきっかけだった。川原さんは当時25歳。懐かしそうな微笑みを浮かべて、初めて生地に触れた日のことを語ってくれた。初日から生地に触れることはできたが、最初の一年間はずっと焼き専門だった。焼き専門というとパンを焼くだけの単純作業かと思いきや、実に繊細な作業なのだという。

パンの重量、膨らみ方をそれぞれ計算した上での、緻密な時間、温度管理。まさに職人の世界。未経験から始めた川原さんも、始めたころはパンを焦がしてしまうミスを何度もしてしまい、怒られることも多かったそうだ。
そんな日々を乗り越えて2年目からは仕込みの作業に関わることができたのだが、パンの仕込みは更に厳しい世界だった。仕込みの作業は、それぞれのパンの仕上がりをイメージし、天候、気温、湿度、お客様の入店数、そして材料、原料、酵母の特徴などあらゆることを頭に入れた上で行われる。ようやくパンを一通り自分で作れるようになったのは5年後のことだった。

一番人気のパン・ド・カンパーニュ


例えばせふりので大人気の【パン・ド・カンパーニュ(560円税込)】は三つの小麦粉をベースに作られている。地元佐賀県産、フランス産、そしてカナダ産。これらの小麦粉の個性を理解し、ブレンドする。前日からの仕込みが必要で、一度低温で寝かせた後、再びこねてもう一度寝かせる、という2段階発酵を行っている。このように工程も特徴も違うパンの個性と向き合ってく作業こそが仕込みの作業なのだ。パン・ド・カンパーニュとは田舎のパンという意味。両手で抱えられるほどの大きなパンだ。小麦の香ばしい味。そのまま食べても美味しいのは勿論、ジャムを塗ったり、チーズを挟んだり、家族みんなで頬張ったり色んなバリエーションで食べることができる。冷凍保存も可能で「解凍してからトーストで温めるとカリカリふわふわの食感が蘇る」とスタッフの方が教えてくれた。

以前は吉野ヶ里町小川内で愛されていたせふりの。12年前に現在の場所へ移転し、今年で20年目を迎える。今や代表としてパン作りを一手に背負う存在となった川原さんへ今後の展望を伺うと「今来てくださるお客様を大切に、このお店をしっかりと守っていきたい」と柔らかな微笑みとともに語ってくれた。

今回の取材を通して一番感じたことは、川原さんはパンをつくるのが本当に好きなのだということ。パンを通してお客様に真摯に寄り添う。そんな川原さんがつくるパンは美味しくない訳がない。皆さんも期待感とともにこの店を訪れて欲しい。

店内の様子



国道385号線を福岡方面に登っていくと道の駅吉野ヶ里の物産館「さざんか千坊館」がある。こちらでは地元で採れた野菜や特産物を販売しているが、その中でもひときわ美味しそうな香りを放つパン屋さん。アーチ状になったレンガの入り口をくぐると美味しそうなパンが迎えてくれる。
一つ一つ梱包された口当たりの柔らかいバームクーヘンや、たっぷりのフルーツと酒粕生地を丁寧に仕込み、グルテンの粘りと御米から醸し出る酒のうまみがブレンドされているパネトーネも人気商品。
  • しっとりバームクーヘン 1,000円(税込)/パネトーネ 560円(税込)

パンのいい匂いにNATSUKIもにんまり笑顔♪

大きすぎるアップルパイにはMAYUKOもびっくり!

店内に並べられたパンはおよそ20種類。焼きたてのパンを求めて地元のお客様だけでなく、土日には家族連れの姿も多く、店内は賑わっている。道の駅内にイートインスペースもあり、焼きたてのパンをコーヒーや飲み物とともにその場で楽しむことができる。

大人気の商品をご紹介

※季節によってラインナップは変わることがあり、掲載の商品がない場合もございます。


せふりーぬ 270円(税込)


「せふりの」オリジナル。見た感じは普通のハード系パンだが、表面にオリーブオイル・グラニュー糖・乾燥バジルを塗ってカリッと焼き上げ、生地にもオリーブオイル・ごま・オートミールなどを練り込んだ珍しいのパン。噛めば噛むほど新しい味に出会える逸品だ!
先代から製法を引き継いだというこのパンはNATSUKIには初めての味だった。生地に練りこんだオリーブオイルのおかげでしっとりかつふんわりしていて、バジルの香りとグラニュー糖の甘さがなんともベストマッチ!

クリームパン 165円(税込)
  • 一口食べてびっくり。クリームの甘さだけでなく、かすかに感じる塩味。これは隠し味の岩塩がクリームの甘さを支えている。この絶妙な塩梅はクセになる。

オニオンブレッド 190円(税込)
  • 佐賀県産の玉ねぎとマヨネーズを使用。玉ねぎの甘さがアクセント。せふりのではめずらしい惣菜系パンだ。

メロンパン 140円(税込)
  • サクサクのクッキー生地とふわふわの軽い食べ心地でお子様からご年配の方まで大人気の商品♪

ピストレ 100円(税込)
  • 「パンドカンパーニュ」と同じ生地を使ったパン。しっかりもっちりとした歯ごたえと、お求めやすい大きさとお値段で何個も買っていかれる方も多いそう。

ガーリックブレッド 230円(税込)
  • 自家製ガーリックバターをアツアツのフランスパンに擦り込んである。ガーリックの風味に食欲をそそられちゃう。

ショコラパイ 165円(税込)
  • ショコラのパイは珍しい!ホットの紅茶とのペアリングがGood!
店名

せふりの 道の駅吉野ヶ里

住所

神埼郡吉野ヶ里町松隈1710-11

TEL

0952-55-6175

営業時間

9:00~18:00

定休日

水曜

駐車場

50台(道の駅駐車場)

アクセス

東脊振ICより約10分