小城市

安くて美味しいが詰まってる!
箸が止まらないステーキにタンしゃぶ

肉バルMISATO
 
#グルメ@小城
 
注文したステーキとハンバーグが鉄板でジュージューと音を立てているだけでお茶碗3杯はいける気がする。いよいよ口に運べば、噛むたびに口いっぱいに幸せが広がった。肉バルMISATOさんの1番人気は飲み放題付きのコース! なぜならメニューがめちゃくちゃ豪華でしかも安いからだ。女子会、ママ会、ランチ会の場所に悩んだ時は迷わず同店へGO!
 

〝SAKE〟を世界へ広める六代目
老舗酒蔵の好奇心溢れる挑戦

天山酒造
 
#佐賀の酒蔵@小城
 
全国的にも有名な明治8年創業の天山酒造さん。今回の佐賀づくり応援企画は、5つの時代を駆け抜ける老舗酒蔵をピックアップ。六代目七田謙介社長の〝挑戦〟にフォーカスを当て、守るべき伝統とさらなる高みを目指す未来についてインタビューした。
 

パンに囲まれた人生を送る
なんと約70種の焼きたてパンが

パンシュクル
 
#ベーカリー@小城
 
若いオーナーから溢れ出るアイディアは留まるところを知らない。だからお店には常時約70種の美味しいパンがずらりと並び、平日にも関わらず開店からお客さんがどんどんお越しになる繁盛ぶり。店内ではパンの香ばしい匂いが、否が応でもお客様の購買意欲を掻き立てるのだ。佐賀の魅力に取り憑かれ、奥様への愛に溢れたオーナーの幸せが詰まった素敵なお店だ。
 

コスパにかける情熱の店
がっつり食べたい肉食女子へ

Hungry BowL 2nd
ハングリーボウルセカンド
 
#グルメ@小城
 
佐賀大学前に伝説の店として名高いハングリーボウルさん。本誌でももちろん取材させて頂いたが、この度その2号店が小城市にオープンした。この2号店の最大の特徴は、お肉料理がとてもリーズナブルにがっつりと頂けること。しかも、なんと言っても美味しいのが嬉しい。
 

美しい器でいただく和洋懐石
猫ちゃんが大好きな店主のこだわり

指月
しげつ
 
#グルメ@小城
 
三日月の住宅街にある味泉「指月」。地域の皆様に愛用されているこちらのお店では、美味しいものを少しずつ、という女子好みの贅沢感が味わえる。料理に使われている器は店主のオシャレな趣味。味のある有田焼もまた、料理を嬉しく感じさせてくれた。
 

緑と絵画に囲まれながら…
ガーデン付アトリエで癒しのランチ

森のアトリエ
 
#カフェ@小城
 
画家であるご主人のアトリエを開放し、奥さんがカフェを営む「森のアトリエ」。佐賀市街を一望する高台にあり、豊かな自然に囲まれたこちらでは、春は菜の花や緑、秋はコスモスや紅葉の中でのランチが楽しめる。緑あふれるガーデンの中、ご主人の描いたアートを眺めながら、奥さん自慢の手料理を食べる…そんな時間の過ごし方なんて素敵じゃない?
 

思わず食べちゃいたくなる!
お菓子みたいなキャンドル作り体験

作業所 桜花
 
#レジャー@小城
 
「わ~、美味しそう!」と思わず声をあげるほど、お菓子そっくり!でも、食べられません! 「作業所 桜花」では、火を点けるのがもったいないような可愛いキャンドル作りを気軽に体験できちゃいます♪ 1時間程度で誰でも簡単に作れるので、親子やカップルでの思い出作りにもおすすめ。手作りの灯りでクリスマスを優しく彩ろう♪
 

本格タイ料理は絶対ここで!
前世はタイの皇女だったかもしれないオーナー

カフェ ナーラック
 
#グルメ@小城
 
タイ旅行に行ったのは佐賀市でお店を始めて半年間もない頃だった。それまでは、国内のタイ料理の味しか知らなかった。それじゃあダメだよねと思いタイへ渡った。ところが、初めてのはずなのに前にも来たことがあるような、あたかも帰ってきたような不思議な感覚に。それから23年後、前世が見えると言う占い師のような方に出会い「きっと前世はタイのお姫様よ」と言われた。「だから自分はタイ料理を作り続けているんだ」と納得。そんな情熱を持つオーナーさんが作るめちゃくちゃ美味しいタイ料理のお店。
※読プレあり
 

夏に爽やか、佐賀のサイダー
天山の水でスカッと気持ちいい~味

工場見学
友桝飲料
 
#レジャー@小城
 
創業明治35年以来115年の歴史を誇る、佐賀のサイダーを作る会社をご存知であろうか?そのお味は、天山の清らかな水をさらに磨いた独特の香りと味を今に守り続けてきた伝統の美味しさだ。創業当初はラムネを作ってきたのだが、今や依頼製造品も合わせると約200種にも上る。この会社の名が一気に広まったのはかの有名な「こどもびいる」。注ぐと本物のビールのように泡立つからなんとも不思議である。その工場見学の様子を詳しくリポート。
※読プレあり

選べる辛さ盛りだくさん!
香辛料を抑えた食べやすい中華

中華料理 ソンヨン
 
#グルメ@小城
 
中華料理と言えば、香辛料をたくさん使い、スパイシーで少しこってりとしたイメージを持っている人も多いのではないだろうか。小城市にある「ソンヨン」は、そんなイメージを覆す、クセのない中華が人気の店。店内はゆったりと落ち着いていて、女性一人でも気軽にランチができる。リーズナブルな値段で辛くない料理もあるので、家族連れにもおすすめだ。さあ、今日はみんなで中華を食べに行ってみない?
 

情熱スウィーツ、スペイン魂
熱き心を持ったパティシエシェフ物語

パステレリア テテ
 
#スイーツ@小城
 
「自分が食べたいスウィーツしか作りたくない。」はばからずに公言したシェフの歩んできた足跡は、さながらサムライである。若くして海を渡り、一人異国の地で修業に励んだ結果、このお店の人気は推して知るべくゆるぎない。実際、今回のモデルYURIEも常連客の一人。「何が美味しいの?」と聞くと「全部」と答えた。すごく興味深いシェフのインタビューストーリーにどうぞご期待を。