SAGARICHがお届けする
パーソナルストーリー
TOP | MICHIKO'S BLOG | episode1

MICHIKO’S BLOG

2019年11月1日

≪第1話≫初めまして。東島道子と申します。


今日は孫の賢人(けんと)に、「ばあちゃんは心配しなくていいよ。ただ、話をすればいいから。」と、ここに連れて来られましたが、うまくお話しできますでしょうか…。

70年間、この鹿島(かしま)で「モード」という婦人服の店をしてきましたが、取材なんて、これまで受けたことなかったんです。それが今年の年明け早々、佐賀新聞の記事に取り上げられました。
「おしゃれ発信70年/創業者東島さん、96歳現役「誠心誠意が何より大切」(2019年1月6日号)…続けて、繊研(せんけん)新聞というファッションと繊維関連の業界紙にも、記事を書いて頂きました。賢人との写真付きで、こちらは「佐賀の専門店サロンモード 地域に愛されて70年/創業者の東島会長、今も店頭に/おしゃれ、楽しさを伝え続ける」(2019年1月29日号)という見出しです。
長生きする時代になったとはいえ、96歳で毎日、お店に出て、お客様のお相手をしているのは珍しいと思われるんでしょうねえ。8月25日が誕生日ですので、今年の夏で97になります。

「三坪(みつぼ)の店」からモードは出発しました。


モードの出発点となった3坪の店。写真左から東島四郎・道子夫婦と長男・秀行。右端はモードのスタッフ第1号の三原眞佐子。

鹿島には旭ヶ岡(あさひがおか)公園という桜の名所がございます。高台にある赤門で有名な鹿島高校の周辺ですが、昔は桜の樹が若く、勢いが良かったので、桜のトンネルがそれは見事でした。お花見に来られる方たちで鹿島の町は賑(にぎ)わいましたよ。汽車に乗って、遠くからおみえになる方たちも大勢いらっしゃいました。

今から70年前の昭和241月、私は主人(故東島四郎氏・モードグループ前会長)と2人で「モード洋品店」を始めました。私の実家にあたる鹿島の割烹(かっぽう)「清川」の隣と申しますか、続きにわずか3坪(10平方メートル弱)の小さな店舗と、お花見のときなどに旭ヶ岡公園に出す露店(屋外に出す店)からスタートしました。春になると、露店のことや2人の子供たちと桜のトンネルを歩いたことを思い出します。花はやっぱり桜が一番好きですね。

昭和24年3月、旭ヶ岡公園のお花見に露店を出す。四郎と長男・秀行

“モード(MODE)”という名前は、主人が付けました。フランス語で、ファッション、流行、スタイル、デザイン、型、様式という意味です。お店を始めた頃、「モード」と看板に書いてあるのを見たお客さんで、「ドーモって何のこと?」と聞かれる方が、結構いらっしゃいましたよ。いまは横に文字を書くとき、左から右に書きますが、戦前は、右から左に書いていたんです。その読み方にならって、モードを右から読むとドーモ。うちの店の名前を“ドーモ”だと思われてた方は多かったんです(笑)。

お客様の生活を豊かにすることを誇りとして。


お客様を迎える喜びは、開店当初もいまも変わらない。

毎朝、うちの店は朝礼をしております。鹿島にある本店の朝礼の様子を各店舗(現在、佐賀県内に18ある)で同時に見られるようにしています。みんなで声を揃えて言うのが、「モードの祈り」です。現社長の(山口健次郎・娘婿)前の職場であるニチイ(マイカル)創業者の西端行雄・春枝ご夫妻が作られた「誓いの詞(ことば)」を使っております。

人の心の美しさ
商(あきな)いの道にいかして
只(ただ)一筋にお客様の生活を守り
お客様の生活を豊かにすることを
モードの誇りと喜びとして
日々の生活に精進(しょうじん)
いたします。

私たち夫婦で始めたモードですが、いまでは70名ほどの社員が働いております。時代は移り変わっても、モードというお店の名前と、仕事に対する心掛けは、創業したときから変わっていないと思います。
 

(第2回に続く)
インタビュー・文/樋渡優子

 

| 1 | 2 | 3 |